Low Carbon Life-design Award2009

Design Association(NPO)と環境省で開催されたアワードの表彰式&シンポジウムに行って来た。

DA会長の浅葉克己さんによれば、「鳩山首相が2020年までにCO2を25%減らすと言っちゃった!」から、デザイナーはそれに向けて、デザインの宿題として取り組まなければならない。デザインの宿題がまた増えました、とのこと。同審査員の、国立環境研究センターの藤野純一さんは、実は鳩山首相はオバマ大統領に対して2050年までに80%減らします、とも言ってます、そのための10年後の25%削減なんですよ、なんていうエピソードもお話しされていた。

IMG_3596

現在、日本国内で家庭に於けるCO2排出は、全体の約14%ほどだそうだ。大して占めていない気もするが、問題は1990年頃から比べると40%も排出量が増えていること。

家庭では消費エネルギーが給湯や冷暖房、家電がかなりの割合で占めているようで、ガス、石油、電気とも消費量は増えているのだが、中でも電気の消費量がぐーんと増えている。90年代後半頃から一般家庭に普及し始めたパソコンや、大型テレビの影響だろうと思う。以外に多いのが待機電力で、ウォーム便座の待機電力がばかにならないようだ。(→こまめに蓋を閉めればかなり電力節約!)エアコンに使う電力も大きい。

これらのエネルギー、特に冷暖房に関わる部分については、今後新築される建物も、中古リノベーションでも、壁の中の性能を十分に上げて冷暖房効率を良くする努力が必要だ。今日のアワードでは単純に間取りを変えるだけでもエネルギー消費が抑えられた実績が準グランプリとなって証明されていた。冷暖房を使用する部屋を家の中心に持って来た上で、部屋の仕切り上部を欄間でつないだのである。ただそれだけではエネルギー消費が上がってしまうが、ここでは窓ガラスをペアガラスに交換し、外壁周りに本棚を作り付けて断熱効果を上げていた。

壁の断熱は、性能としては外断熱が一番だが、リノベーションで特にマンションの個別の改修だとそうもいかないので、内断熱で対処することになる。内断熱は、結露の中でも特に怖い壁内結露が発生しやすいが、最近はこれをカバーできる方法もいくつかある。

壁の性能を上げる目的は、なんと言っても空調にかかるランニングコストを下げて、家全体に暖かさ、涼しさが行き渡るようににし、寒さや暑さが溜まる部屋を作らないことだ。寒い部屋は着込んで我慢すれば良い!という人もいそうだが、問題はそこでカビが発生しやすいことである。人間の体や台所、浴室などから発生する水蒸気はその家の寒い部屋へ流れ、冷たい壁や窓にくっついて結露となる。壁の中にしっかり湿気対策ができていないと、湿気は壁の中にも入り込んで、外壁のとてもとても冷たいところにぶつかり、壁の中で結露が起こる。これは見えないからとても怖い。

というわけで、大昔のすきま風びゅんびゅんの家でも囲炉裏で暖をとるぐらいで、十分暖かい!という我慢強く、鍛えられた体の持ち主でない場合には、家の中に寒い部屋を作らないことが、健康の面からも、家を長生きさせる点からも重要だ。寒いトイレがなくなれば、ウォーム便座もいらなくなるのだから。

raul より:

Hector より:

Gordon より:

Floyd より:

bill より:

Greg より:

Zachary より:

Theodore より:

willard より: