巨大ワンルームの家

昨年10月より設計を進めていた中古マンションのスケルトンリフォームがGWで終わり、オーナー一家が生活を始めてもう間もなく1か月が経とうとしています。今回は築30年超のマンションを、構造体に影響のない壁は全て取り払い、設備も一新したフルリノベーションで、スマサガという不動産紹介から設計、施工までを一括に行うプロジェクトで実現しました。

壊せるはずの壁が、非常に壊しにくく、費用も量んでしまうことから設計変更を余儀なくされたり、階上から水漏れがあったり、階下へ水漏れを起こしたり、と中古物件のリノベーションにはつきもののアクシデントがいろいろとありましたが、新規交換できる設備は全て交換して、快適な、風の良く通る巨大ワンルームができました。

なぜワンルームかというと・・・

オーナーの希望もあり、今小さな子供が二人いるが、女の子と男の子のため、将来的には個々のスペースが欲しくなる可能性もあり、今壁で仕切ってしまって、数年後にまた壁を作り直すことも可能だが、壊すことを前提に壁を作りたくないこと、可動式の臨時の壁も作りたくないこと、小さな今のうちは、子供の様子を十分見ていたいこと、などの理由から、子供スペースと大人スペース、リビングダイニングなどのパブリックスペースをカーテンで仕切るだけの計画となりました。

結果、今は向かい合った二面にある窓を開ければ風が吹き抜ける、気持の良いワンルームになっています。古い建物で、元々は断熱材も入っていませんでしたが、ワンルームになることもあり、断熱材も出来る限り入れました。ただし、窓周りは既存のまま使用しているので、これは将来のバージョンアップ工事の対象になります。

今全て完成させるのではなく、将来の変化に応じて徐々に成長させて行く家です。

PC板製作:横江コンクリート
http://www.yokoe.info/

PC版磨き:カンエツ
http://www.kan-etsu.co.jp/

玄関。モルタル左官仕上にモザイクタイルとガラス片を埋め込んでいます。

玄関。モルタル左官仕上にモザイクタイルとガラス片を埋め込んでいます。

子供スペースからリビングを見る。リビングの向こうは大きなテラス。

子供スペースからリビングを見る。リビングの向こうは大きなテラス。

リビングからキッチンを見る。

リビングからキッチンを見る。

PC板を使ったキッチン&ダイニング。横江コンクリートとカンエツさんのご協力でできました。

PC板を使ったキッチン&ダイニング。横江コンクリートとカンエツさんのご協力でできました。

Robert より:

charlie より:

Chad より:

ted より:

jon より:

freddie より:

Jerome より:

Rene より:

Isaac より:

Joshua より:

Joey より:

guy より:

Adrian より:

Tommy より:

ian より:

rodney より:

Orlando より:

Maurice より:

richard より:

Enrique より:

milton より: